修理より交換がおすすめな水道トラブルもある

水道の使用状況は家族構成やライフスタイルによりさまざまです。そのため設置からどれくらいの期間で水栓金具の故障が起こり始めるかは、ご家庭により違ってきます。

■耐用年数と交換の目安

水栓金具の耐用年数は、一般的には10年から15年だと言われています。部品の保有期間はメーカーによっても異なりますが、販売開始から10年程度であることが多く、設置から10年以上経過している場合には、部品が手に入らず交換が必要になるケースも出てきます。
部品が手に入る場合でも全体的に劣化が進んでいるときは、再度修理が必要になることも少なくありません。水栓金具は10年が交換の目安と考えましょう。

■交換により得られるメリット

修理、すなわち部品を交換するだけでは、蛇口自体の耐用年数は変わりません。しかし蛇口を交換すればすべての部品が新しくなるため耐用年数がリセットされます。故障の心配から解放されるだけでなく、交換により利便性がアップする点も見逃せません。
浴室では自動で湯温調整ができるサーモスタットタイプが主流となっています。他のところで同時に水を使うなど水圧が変わったときも吐水温度が一定に保たれ、一時的に熱くなったり冷たくなったりしないためシャワーなども快適です。キッチンや洗面台では操作性の高いシングルレバータイプのほか、センサータイプで手をかざすだけで操作できるタッチレス水栓の人気が出ています。蛇口に触れずに手を洗えるようになるため、手が汚れている時はもちろん、感染症予防などといった衛生面でも安心できます。

■まとめ
近年、水回り製品は劇的に進化しています。蛇口やシャワーヘッドなどの水道 評判を調べてみると、機能性はもちろんデザイン性が高く、お手入れもしやすいものが増えていることがわかります。設置からの年数によっては交換することも検討してみましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ