水道蛇口のトラブルを修理する方法

給湯器のあるご家庭では、いつでも使いたいときにお湯を使うことができます。蛇口は水とお湯を出す方式によりいくつかのタイプにわけられます。蛇口のタイプにより水漏れが起こりやすい場所が異なるため注意が必要です。

■蛇口トラブルは修理して解決

単水栓やツーハンドル混合水栓の水漏れの多くは、内部構造がシンプルなため自分でも直すことができます。接続部分から水が漏れているときは、ナットの緩みを締めるだけです。ハンドル下からの水漏れは、ナットを外して三角パッキンを交換します。
一方で、シングルレバーやサーモスタット混合水栓などの不具合ではバルブカードリッジの劣化が原因であることが多く、水栓の分解や適合するカートリッジ探しは簡単ではありません。水栓の高機能化に伴い、自分で修理できる水道トラブルは減りつつあります。シャワーヘッドの交換などを除き、内部構造が難しいものは、専門家に依頼するようにしましょう。

■単水栓やツーハンドル混合水栓の構造

水道修理は基本的に業者に頼んだ方がスムーズに済ませられるものの、蛇口の交換や部品交換を自分で行えば、修理費用も部品代だけと安く抑えることができます。蛇口は水の出る吐水パイプを中心に、隙間を埋める各種パッキンや水の流れを制御するスピンドルとコマ、さらにそれを押さえる座金や袋ナットと操作部であるハンドルといった複数の部品で構成されています。一番上はハンドルがビス止めされているため、それを外して上から順に外していけば分解できます。部品の清掃や交換を行ったあとは順に組み立てて最後に水が漏れないか確認すれば修理は終了です。

■まとめ
水漏れが起こっている場所により、交換する部品は異なります。どの部品が原因かわからないときや手に負えそうにないときは、水道修理の専門家に相談することが解決への近道です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ